FC2ブログ

春といえば卒業・入学・入社、出逢いと別れの季節ですね。
当社も新しい仲間を迎えました。
初々しい新入社員の方を見ていると、
自分が社会人になったときのことを思い出します。

学生時代とは180度変わる生活、
働くということとは、社会人としての責任とは・・・
よくわからないまま、無我夢中の毎日だったように思います。

すばらしい出逢い、たくさんの失敗と少しの経験、
そして自問自答の日々を経て、
ようやく現在に至る、という気がします。

私が習っている茶道には、『鏡柄杓(かがみびしゃく)』という言葉があります。
お湯や水をすくう柄杓の構えの型の一種ですが、
自分の顔(と心)を柄杓に映し気持ちを落ち着かせる、という意味があるそうです。

ちょっと疑問を感じませんか?
鏡に自分の顔を映して落ち着く人がいるとしたら、
かなりのナルシストではないでしょうか?
私だったら肌の調子が気になって、むしろ落ち着きがなくなってしまいますが。

私なりの解釈ですが、この場合の『鏡に映す』という言葉は
自らを律して正す、というニュアンスだと思います。
そして映し出す鏡は、何も柄杓だけではありません。
身の回りのすべての人・ものは、鏡の役割を果たしていると思います。

新入社員の方を見て自分を見つめ直すと、
私は何かを失ってしまっている気がします。
毎年春は、初心を思い出し自分を正す季節です。
プロフィール

福寿製薬スタッフ

Author:福寿製薬スタッフ

リンク
福寿製薬株式会社
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード